「乾燥肌に悩んでいるあなたへ原因を知って対策しましょう」

人間の肌の角質層の主な働きには、適切な水分量を体内で維持して

生命の維持をする機能やアレルギー物質や太陽より発せられる

紫外線等から肌を守る機能があります。

この角質層が元気な状態で働いていれば、皮膚の乾燥で悩むことは

ほとんど起こらないはずです。

ところが、肌が乾燥してしまう人はこれらの働きが妨げられている

ことになっているのです。

では、どのようなことが働きを妨げてしまうのでしょうか。

【働きを妨げる原因は大きく分けて3つあります。】

【1】正しい方法でスキンケアをしていない。

   毎日のように行っているスキンケアが間違った方法だと

   角質層の働きを弱めてしまい乾燥肌になってしまいます。

   専門医を受診した人の多くがスキンケアの方法が間違って

   いることで乾燥肌になっているとのことです。

   角質層は、水分を保持したり、アレルギー物質や紫外線から

   肌を守る為の「バリア機能」があります。

   その機能が正常に働かなくなることで乾燥肌になってしまう

   のはなぜなのでしょうか。

   【擦り過ぎ・力の入れ過ぎ】

    ゴシゴシと擦って洗ってしまったり、念入りに力を入れて

    しまったりと間違った方法で気が付かない間に角質層を

    傷つけてバリア機能を低下させている。

    擦り過ぎは肌に炎症を起こすことがあり肌のトラブルに

    繋がってしまいます。

   【洗う回数が多い】 

    洗顔をすることでお肌の汚れや余分な皮脂だけでなく

    皮脂膜や角質層の細胞間脂質をいっしょに洗い流して

    いることがあります。

    肌には自力でもとに戻ろうとする力が備わっているので

    よほどの事が無い限りはバリア機能は回復します。

    ただ、回復できないくらい洗ってしまっている場合や

    毎朝、時間をかけて、しっかりと洗顔していますと

    回復したバリア機能が低下してしまいます。

    そのような状態で乾燥した空気等にさらされることで

    乾燥肌になってしまいます。

    皮脂の分泌が少ない人は、朝の洗顔はぬるま湯で軽く

    洗えば十分です。

    皮脂の分泌が多い人は、酸化した皮脂は加齢臭になり

    また、毛穴のトラブルになることもありますので

    皮脂の分泌が多い所に、集中して石鹸や洗顔剤を

    使いましょう。

    洗浄力が強い洗顔剤はできるだけ使用をひかえるよう

    にし、どうしても必要な場所だけに使用しましょう。

【2】正しい食事・食生活ができていない

   ダイエットや偏食、外食、肉中心の食生活のにより

   年代に関係なく肌の乾燥に悩む人が増加しています。

   バランスの良い食生活をしているのであれば

   栄養面、食事や食生活で、乾燥肌にはなりません。

   ダイエットや偏食、バランスの悪い食生活、肉中心

   の食生活が乾燥肌を引き起こす事が増加しています。

  【タンパク質】

   人間の体は主にタンパク質から合成されていて

   そのタンパク質が不足することで新陳代謝が正常に

   行われなくなり角質層の細胞が生まれ変わる速度が

   遅くなります。

   細胞が古くなると水分を保持する力は低下します。

  【亜鉛】

   亜鉛は人間の体に大切なミネラル成分で、肌や髪

   爪などを健康に維持する為に必要不可欠です。

   亜鉛が不足すると、皮膚炎、湿疹や皮膚の傷が

   治りにくいなどの症状が現れます。

  【ビタミン】

   ビタミンが不足すると肌に悪影響を与えます。

   角質層の生成、皮膚や粘膜の働きを活性化して

   血行を良くし新陳代謝をスムーズに行う働きが

   あります。

   肌のバリア機能を正常に保つには、たくさんの

   栄養素が必要になります。

   ダイエット、偏食、肉中心の食事、飲酒や喫煙

   などさまざまな要因があり、何かの栄養素が

   不足することで乾燥肌を引き起こしています。

   バランスのよい食事をとり、必要な栄養を

   十分に摂取するように心掛けましょう。

【3】間違った生活習慣

  【睡眠不足】

   新陳代謝により角質層が新しく生まれ変わり

   肌を健康な状態に保っています。

   この新陳代謝を正しく定期的に行うことを

   保つのが成長ホルモンです。

   この成長ホルモンは睡眠中に分泌されるので

   睡眠時間が短いと成長ホルモンの分泌量が

   少なくなり、新陳代謝が遅れてしまいます。

   結果として細胞が古くなり保湿機能が低下して

   乾燥肌を引き起こします。

  【乾燥した空気】

   健康な状態の肌は乾燥した環境でも乾燥肌に

   なることはほとんどありません。

   間違ったスキンケア、食生活や睡眠不足などに

   より角質層の保湿機能が弱まっている時に

   乾燥した空気の中に長時間いると角質層は水分を

   失ってしまい壊れやすくなり乾燥肌になって

   しまいます。

  【入浴の仕方】

   正しい入浴は潤いを持たせ健康な肌を維持する

   ことが出来ますが、間違った入浴は乾燥肌に

   なることがあります。

   熱めのお湯で入浴したり長時間入浴することで

   肌が濡れた状態が続くと角質層がふやけることで

   肌の潤いを保っている皮膚の細胞から保湿機能を

   持った物質が溶け出てしまいます。

  【ゴシゴシ洗う】

   ゴシゴシと力を入れて体を洗ったり

   ナイロンタオルで洗う、洗浄力が強力な石鹸や

   ボディソープなどで洗うなどは間違った洗い方の

   代表的なことで乾燥肌を引き起こします。

  【肌触りの悪い服や寝具】

   目の粗いウールセーターなどは、お肌に摩擦が

   生じやすく、角質層を壊してしまいます。

   また、服や寝具の刺激によってかゆみを生じて

   手で掻いてしまうことで角質層を壊します。

   睡眠不足や空気の乾燥、入浴、身に着ける服などは

   乾燥肌を引き起こすことがあります。

   正しくスキンケアをし、正しい食生活で栄養も摂取

   しているのに乾燥肌になってしまう時は日常生活に

   を見直してみましょう。

【まとめ】

 乾燥肌と言っても、人それぞれでいろいろなことが原因

 になっています。

 それぞれの原因にあった対処法をすることで乾燥肌の

 症状は軽減されると思いますが、まったく軽減されない

 または悪化する場合は、皮膚疾患が疑われますので

 専門医で受診されますことを強くおすすめします。

 効果とコストパフォーマンスを重視したスキンケア

    ↓↓ くわしい説明はこちらです。 ↓↓

 ごくごく浸透!新感覚の保湿スキンケア!【新アクアフォース】

 美容皮膚科医が開発したドクターズコスメでスキンケア

    ↓↓ くわしい説明はこちらです。 ↓↓

    ジュランツ スペシャル・トライアルセット

【注意事項】

 本文中で紹介した商品に関する質問や相談は販売元へ

 お問い合わせくださいますよう、よろしくお願い致します。

イチオシセレクション

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする