肩からフケが消える方法 ~フケを解消する正しい方法~

肩から溢れるフケに正しい対策するために

その原因と対策を考えてみましょう

フケの種類は大きく分けて3つあります

それぞれ正しい方法で確実に予防することが大切です

間違えた方法では、今より症状を悪化させてしまい

深刻なことになりかねません

なかなか相談できないフケの悩みを解決する方法を

見つけましょう

スポンサーリンク

【フケの種類は大きく分けて3つ】

 フケの種類を知る

  【1】乾燥フケ

頭皮を乾燥させないようにすることが大切です

そのためにシャンプー方法の見直しと頭皮の血行改善になります

シャンプーにより洗い流された皮脂や角質は

約1日でもとのように回復します

1日に何回もシャンプーをすると頭皮のバリア機能や

水分保持力が回復する前に潤いが奪われてしまって

乾燥が進んでしまいます

どうしてもシャンプーが必要な時は、

ぬるま湯ですすぐ程度にしましょう

  【2】脂性フケ

シャンプーの仕方や食事を正しくすることで

改善されることがあります

皮脂のバランスを保つことが大切で洗い流し過ぎると

乾性フケになり洗い流しが少ないと皮脂が多くなり

脂性フケになってしまいます

毛穴汚れが残らないように清潔さを保ちましょう

正しくシャンプーをしていてもフケがとまらない人は

脂っこいものを好んで食べる人は、皮脂が多く出ることが

あり脂性フケになってしまいます

アルコールの摂取を控える、ビタミンB2やB6のような

脂質代謝を促進する物を多く含む食べ物を摂取することも大切です

皮脂が溜まり過ぎると雑菌が増えて脂漏性皮膚炎を

発症することがあります

脂漏性皮膚炎を発症するとフケが大量に出てしまいますので

脂性フケが出ている方は早めに対策しましょう

  【3】炎症性のフケ

頭皮に合わないシャンプー、リンス、カラーリング剤、パーマ液などを

使用することで頭皮が強い刺激を受けると皮膚表面の角質層が

角化をを早めてしまいます

角質はアカとなって剥がれ落ちることになります

このサイクルが短くなってフケが大量に出てしまいます

皮膚に合わない整髪料などから頭皮に炎症が起きていないかの

チェックしましょう

これらのことを実施して対処をとっても良くならない時は

脂漏性皮膚炎など、頭皮の病気が原因のフケになっている

ことがあります

速やかに専門医の診察を受けることを強くおすすめします

【どのように対処するればいいの?】

 原因に合った対処をする

  【1】ヘアカラーやパーマを止める

髪にダメージを与えることは極力さけるようにして

3ヶ月程度の期間を開けて髪を休めてあげることを

考えましょう

  【2】正しい生活習慣を身につける

ホルモンバランスの崩れるような極端なことは避け

バランスの良い食事をとり適度な運動をすることを

心掛けましょう

暴飲暴食、夜更かしはホルモンバランスを崩す原因に

なりますので適度な食事と睡眠をとりましょう

  【3】正しいシャンプー選びと回数

1日1回シャンプーを行い頭皮に合った優しい

シャンプーを使いましょう

シャンプーを選ぶ時に頭皮に優しいアミノ酸系を

選ぶことをおすすめします

  【4】日々のチェック

フケの状況を毎日観察することで、正しい症状が解り

対策の方向性が決まります

【まとめ】

我流のフケ対策はしてみたが効果が現れずに症状が

悪化してしまうことがあります

それは、フケのタイプとケア方法が間違っているからかもしれません

正しいフケ対策をするためには自分のフケがどの種類でその原因に

ついて良く理解して正しい対策をすることが大切です

症状が悪化したり、良くならなくご心配であれば

専門医による診察を強くおすすめします。

管理人:すがわびと

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする