頭の痒みの原因と対処方法を知ろう ~あの痒さをスッキリ解消~

頭が痒くてたまらない原因を知って対処しましょう

気が付いたら頭を掻いていたり、鏡で頭皮を見たら赤みがある

あまりの痒さで我慢できないといった頭皮の悩みは

大きなストレスになってしまって日々の生活に影響が出てしまいます

何とか頭皮のかゆみを無くしたいと悩んでいるあなた

原因を知って的確な対策をすることが大切です

スポンサーリンク

かゆみの原因を知ろう

【かゆみの原因は大きく分けて5つ】

頭皮のかゆみの原因は地肌に炎症が起きていることが予想されます

 【1】頭皮へのダメージ

ファッションの為にカラーリングやパーマを行うことは

良くあることですが頭皮は確実にダメージを受けています

頭皮が日焼けや乾燥で敏感になっている方

もともと頭皮が弱い方は、カラーリングやパーマで

受けるダメージが大きくなることがあります

整髪料は毛穴につまることで、頭皮へダメージをあたえますので

成分の優しいものを使用して適切な洗い方で流すようにしましょう

 【2】シャンプーの洗い残し

シャンプーを適切な洗い方で流さないと頭皮へのダメージとになり

頭皮があれることがあります

シャンプーに含まれる合成界面活性剤はすっきりとした

洗い上がりになりますが、洗い残しがあるとダメージと

なることがあります

シャンプーの洗い残しがあると

毛穴に汚れが詰まることで毛穴に炎症が起きて

髪の毛の成長に影響がでることがあります

 【3】皮脂

油分の多い食事や緊張することが多いと皮脂が多くに分泌され

毛穴に詰まることで老廃物が排出されなくなり頭皮を

刺激する物質に変わって、頭皮の炎症を起こすことがあります

また、老廃物が溜まることで皮脂が酸化して嫌な臭いを

発生させることもあります

 【4】雑菌の繁殖

皮脂が多くに分泌されると、皮脂に雑菌が増殖して皮脂を

分解する時に作られる脂肪酸が頭皮に炎症を起こすことがあります

 【5】頭皮の乾燥

温度・湿度が下がる冬は頭皮が乾燥しやすい季節です

1日に2回以上のシャンプーや熱めのお湯でシャンプーは

皮脂を余分に洗い流してしまい頭皮が乾燥します

ドライヤーを使って髪を乾かした後にかゆみが増加する時は

頭皮が乾燥し過ぎていることが考えられます

この状態を放置することで頭皮の乾燥が進んでしまい

頭皮がもつバリア機能が失われることで少しの刺激でも

かゆみを起こしてしまいます

 【6】頭皮の病気

アトピー、カビ、シラミ、乾癬などが考えられますが、自分自身で

判断するのは難しいことと思いますので、少しでも心配なことがあれば

専門医の診断を受けることをおすすめします

正しいヘアケアについて、専門医の指導を受けて対応されることが

悩みを改善する近道になると思います

対策を考えよう

 【どのように対処するればいいの?】

頭皮にダメージを与えにくいシャンプー選びと正しいシャンプーの仕方を

知ることで頭皮へのダメージの原因となることを防ぐことができます

 【1】シャンプーの選び方

シャンプーに含まれる成分が頭皮にダメージを

与えていることがありますので

今お使いのシャンプーを替えてみることで

頭皮のかゆみが無くなることがあります

自分自身の頭皮に合うシャンプーって

「どのような種類なの?」を知ることが大切です

【シャンプーの種類は3種類】

【高級アルコール系シャンプー】

市販されているシャンプーは、高級アルコール系シャンプーが多く

含まれる成分のラウリル硫酸Naやラウレス硫酸TEAなどは

ハードな洗浄力ですので、頭皮の敏感な方は乾燥しやすく

感じることが多いです

【石鹸シャンプー】

石鹸の素地、脂肪酸Naなどの石鹸成分で作られたシャンプーで

ハードな洗浄力で皮脂を取り除きますが、肌に対する刺激は

アルコール系シャンプーより少なくなっています

しかし、正しいシャンプーの仕方で流さないとシャンプーなどが

頭皮に残ってしまい炎症やフケの原因になってしまいます

【アミノ酸系シャンプー】

アシルグルタミン酸やモノアルキルリン酸塩など

アミノ酸系界面活性剤の成分を使用したシャンプーです

ソフトな洗浄力なので頭皮への負担は少なく

頭皮に炎症が出やすい方や頭皮が敏感な方に

おすすめのシャンプーです

また、他のシャンプーに比べてソフトな洗浄力で

頭皮の乾燥を抑えてくれます

 【2】正しいシャンプーの仕方

1.ブラッシング

髪を濡らす前に、入念にブラッシングして

髪の毛に付いた汚れを取ります

2.お湯で仮洗い

シャンプーを付ける前に37~38℃のお湯で

髪の毛・頭皮を仮洗います

温度が高いお湯は必要以上の皮脂を落としますので

温度設定は間違わないようにしてください

お湯で仮洗いすることで汚れが取れて

シャンプーの泡立ちが良くなります

3.シャンプー

シャンプーは、頭皮に原液を直接付けるのではなく

手のひらで泡立ててから頭皮に付けて洗っていきます

指先でゴシゴシと洗わず、指の腹の部分でソフトに

マッサージするイメージで洗うことで

頭皮の血行が良くなり毛穴に溜まった汚れも綺麗になります

4.すすぎ方

シャンプーの洗い残しを防ぐのに、3分~5分くらい

時間をかけて入念に全体をソフトに流します

5.コンディショナー

コンディショナーは、髪が傷んでいる部分や

乾燥しやすい部分をケアすることを目的としますので

痛みの少ない根元部分や頭皮には必要ありません

痛みやすい毛先部分の水分を取って

コンディショナーを塗ります

頭皮に塗ると毛穴が詰まってしまい炎症の原因に

なってしまいますのですすぎは入念にしましょう

6.髪を乾かす

シャンプーの後は、タオルでソフトに抑えるように拭き取ります

ゴシゴシと拭くと髪や頭皮へハードな刺激となり

髪や頭皮を傷める原因になります

ある程度水分を拭き取れたら8~9割程度乾くまで

ドライヤーを使用して乾かせることで、過度な乾燥を防ぎます

自然に乾燥させることで、過度に湿った状態が続き

雑菌が繁殖する原因になるので必ずドライヤーを

使用して乾かすようにします。

【まとめ】

頭皮のかゆみは自分自身で解決できるものと病気が原因で

発生するものがあります

ご心配な方は、専門医の診察を受けて早めに対応すること

を強くおすすめします。

頭皮に合ったシャンプー選ぶことが痒みを解消する為の第一歩

となりますのでシャンプーの選択は慎重に行いましょう

また、正しくシャンプーを選択しても、シャンプーの方法を

間違ってしまうと、かゆみを解消するどころか

症状を悪化させることになりかねませんので慎重になって

対処しましょう

管理人:すがわびと

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする