乳児から歯磨きは大切です ~きれいな歯は丈夫な体づくりの第一歩~

歯を大切にすることは丈夫な体作りの第一歩です

歯磨きの大切さを知り具体的な方法を考えましょう

初めての歯磨きは

いろいろと悩むことが多いと思います

2歳になれば

歯科検診で歯医者さんから細かな指導を

受けることになりますが

それまでどうすればいいのかが解らないのが

「初めての歯磨き」だと思います

実際に私もいろいろと解らないことがありました

スポンサーリンク

【悩んでしまったこと】

【1】いつから始めればいいの?

【2】いつ磨けばいいの?

【3】どのように磨けばいいの?

【4】何を使って磨けばいいの?

このようなことを思っている方が多いと思います

【じゃあ、どうすればいいの?】

 【1】いつから始めればいいの?

最初の歯が生えた時から始めました

この時期は食べ物が限られています

ので歯の汚れもほとんどありません

まずは、歯ブラシで軽く擦るように

して歯ブラシに慣れて好きになって

もらうようにしました

 【2】いつ磨けばいいの?

最初の頃は歯ブラシに慣れないので

1日1回、夜にしていました

慣れてきてからは1日2回、朝と夜にしました

こどもの機嫌を見ながらでしたので

お昼にすることもありました

 【3】どのように磨けばいいの?

この時期は歯ブラシになれることが

大切なのでゴシゴシ磨くのではなく

歯ブラシを軽く歯にあてて擦るように磨きます

この時期は、歯は汚れていないことが

多いので難しく考えずに毎日続けて

磨きましよう

 【4】何を使って磨けばいいの?

ここが大切なところで

最初から歯ブラシを使うのでは無く

綿棒を使って軽く擦る程度で十分です

歯を擦ることに慣れてきたら

乳児用で柔らくヘッドは

フラットの歯ブラシを使用します

歯磨き粉は飲み込んでも安全なように

「小児用ジェルタイプ歯磨き粉」を使用します

【まとめ】

最初は戸惑うこともありますが

歯磨きを毎日することで

磨く側がいろいろと勉強することになり

今日より明日、明日より明後日というように

歯磨きが上達していきます

楽しい歯磨きの時間が訪れるようになった時は

解らなかったことが今なら解ることになっています

嫌がるような歯磨きにならないように

こどもの様子をよく見るながら歯磨きすることを

心掛けていました

一言で表すなら「悩むより慣れよ」というのが

歯磨きをしてきた感想です

管理人:すがわびと

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする